スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀・野洲/草津

2017年12月9日~10日に、兵庫の赤穂と、滋賀の野洲・草津へ行ってきました。
赤穂編はこちら

続きを読む

スポンサーサイト

兵庫・赤穂

2017年12月9日~10日に、兵庫の赤穂と、滋賀の野洲・草津へ行ってきました。
義士祭まで一週間開催される「忠臣蔵ウィーク」が目当てです。
滋賀編はこちら

続きを読む

東京・犬屋敷跡/吉良家墓所

忠臣蔵の舞台(「忠-SING-蔵」)を見てきました。
会場が中野の方だったため、吉良家墓所と、元禄時代の犬屋敷跡を見てきました。

栗崎先生も同じところで眠られているのですよね(吉良さんの傷の手当てをした先生)。
どちらにも手を合わせてまいりました。
IMG_0035.jpg IMG_0038.jpg IMG_0309.jpg 家臣の討死忠臣墓誌もございます。これ、一番奮戦して生き残った山吉さんの名前も入ってるんですよね。享年は書いてませんが。
関連者がズラッと並んでいるもんなので犠牲者が多くいたことを改めて実感できますね。


IMG_0053.jpg IMG_0052.jpg

かこいです。
元禄時代ならではの犬さんのためのお屋敷跡。
ここに沢山犬さんがいたようだし、広かったというから不思議な時代であった。
因みに、こんな犬さんの時代ならではのエピソードに、内蔵助サンは赤穂城のあけ渡しの時に、
城内の犬の数もきちんと数えてお上に提出しているそうな。


東京・仙石伯耆守邸跡

11月26日に、港区歴史フォーラムに参加してきました。
会場が、仙石伯耆守邸跡でした!
初めて足を運ぶことができました。忠臣蔵充。
吉田さんと冨森さんが討ち入り後に列を抜けて向かった場所ですね。
跡地には洗足の井戸のオブジェが作られています。

DPjwzeWVQAE05tY.jpg DPjwzeWU8AABDGn.jpg DPjwzeXVwAE0ySy.jpg DPjyU0OVQAApPv-.jpg 下の二人は吉田さんと冨森さんということでいいのでしょうか(笑)。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。